制作工程について

りんごの彫刻があるとする。芯に肉付けしていって作ったものと、塊から削り出して作ったものとでは、削って作ったほうが良いと考えている。なので、制作する時には、ある程度描き込んだものを下地として、いらないものを削っていくようなプロセスを踏むことが多い。結果、最初が一番良かったじゃないか、ということもあるが仕方がない。スキップして楽をしようとすると、大抵泥沼化してもっと回り道になるからだ。それでも迷って迷って完成したものの方が大抵良い。

作品 「a」 のための 「a’」 と 「a’’」 

1. 紙にドローイング

4.               

2. 「a’」の製作に入る( F30号キャンバス)

​3.

5.

6.

7. 習作「a’」の完成

8.「a’」の製作に入る ( F!0号キャンバス)       

​9.

10.

 11.  習作「a’’」の完成

12.「a」の製作に入る( F10号キャンバス) 

13.

14.

15.  「a」の完成

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • w-flickr